イベント詳細

2月の定期上映会、パネル展示のご案内

2月の定期上映会

2月15日(水) 14:00~15:20(開場13:30)
人権ライブラリー 多目的スペース 入場無料、申込不要、当日先着順

上映作品

「架け橋 きこえなかった3.11」
(ドキュメンタリー・74分)

企画・制作 Studio AYA
◇内容◇
東日本大震災が起きた時、津波警報が聞こえなかったために亡くなった人たちがいた。耳の聞こえない人たちだ。ろう・難聴者は、外見は障害のない人と同じだが、警報や避難放送などの情報を得にくいため、災害時には更に弱い立場に立たされる。 この映画の主人公の小泉正壽さんは、耳が聞こえない。自動車の整備の仕事をしながら、宮城県ろうあ協会の会長を務めている。小泉さんは被災したろう者の支援や情報格差をなくそうと東奔西走する。休む暇もなく活動を続けたため、脳梗塞で倒れ、歩くことさえも困難になり、入院する。しかし、早く元気になって皆のところへ戻りたいと地道なリハビリを続け、再び会長として皆のもとへ帰ってきた。 自身も耳が聞こえない今村彩子が地震の11日後に宮城を訪れ、2年4ヶ月かけて取材した渾身のドキュメンタリー。

2月のパネル展示

震災と人権「阪神・淡路大震災 識字カルタ~私たちの大震災」「東日本大震災~3.11を語り継ぐ」

2月17日(金)まで
人権ライブラリー 展示スペース 9:00~17:00 入場無料・土日祝休館

今後の予定

都合により内容を変更することがあります。

【定期上映会】3月15日(水)

『家庭の中の人権 カラフル』『フェアな会社で働きたい』『認知症と向き合う』