イベント詳細

4月の定期上映会、パネル展示のご案内

4月の定期上映会

4月19日(水) 14:00~15:30(開場13:30)
人権ライブラリー 多目的スペース 入場無料、申込不要、当日先着順

上映作品

「インターネットと人権 加害者にも被害者にもならないために」
(概説・30分)

企画 法務省人権擁護局、(公財)人権教育啓発推進センター / 制作 東映(株)
◇内容◇
インターネットは、私たちの生活を豊かにするとともに欠かすことのできないものになっています。しかし一方 で、インターネット上の人権やプライバシーの侵害につながる行為は後を絶たず、近年特にネットいじめや子ども たちをターゲットとした犯罪が大きな社会問題になっています。この作品は、主に中高生やその保護者、教職員を 対象に、インターネットを利用する上での危険性や、安全な利用法・対策について、わかりやすくまとめています。

「オルシペ スウオプ」 (アニメーション・24分)
「オルシペ スウオプ 2」 (アニメーション・22分)

企画・制作 (公財) アイヌ文化振興・研究推進機構
◇内容◇
ユカラをはじめとした口承文芸(物語等)について、語り(アイヌ語と日本語訳)及び字幕(アイヌ語と日本語訳) を付けたアニメーション。「オルシペ」は「お話」、「スウオプ」は「箱」という意味です。

4月のパネル展示

人権啓発グッズ展 ~平成28年度人権啓発資料法務大臣表彰より~

4月14日(金)まで
人権ライブラリー 展示スペース 9:00~17:00 入場無料・土日祝休館

今後の予定

都合により内容を変更することがあります。

【定期上映会】5月17日(水)

『外国人と人権 ~違いを認め、共に生きる~』『わたしたちが伝えたい、大切なこと ~アニメで見る全国中学生人権作文コンテスト入賞作品~』『人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか』