イベント詳細

10月の定期上映会のご案内

10月の定期上映会

10月24日(水) 14:00~15:25(開場13:30) 
人権ライブラリー 多目的スペース 入場無料、申込不要、当日先着順

上映作品

「アサーティブな対応で防ぐ グレーゾーンのパワーハラスメント」
(概説・23分)

<企画・制作>(株)ドラコ
◇内容◇
 グレーゾーンのパワーハラスメントとは、強制されることが業務の適正な範囲内かどうか判断が難しい、または業務の適正な範囲内だが、伝え方などに問題がある場合をいいます。複数の事例を用いて、アサーティブなコミュニケーションについて学びます。

「アサーティブな対応で防ぐ グレーゾーンのセクシャルハラスメント」
(概説・23分)

<企画・制作>(株)ドラコ
◇内容◇
 職場でのハラスメントは、人間関係に起因しているケースが多くあります。他者も自分も大切にするコミュニケーションの方法である「アサーティブ」により、伝え方や受け止め方を変えることで、人間関係の不和の予防・解決をめざします。
 セクハラだと感じている人はいるが、その感じ方に合理性・妥当性があるか判断しづらい言動について、事例を用いて学び ます。

「“尊重する” から始めよう  ~公正採用選考の基本を学ぶ~」
(ドラマ・29分)

<企画・制作>東映(株)
◇内容◇
 いま、企業は利潤追求だけでなく、社会にとって責任ある存在であることが求められています。そのものさしとなるのが企業の採用選考活動です。この作品では、採用選考に関わる事例を短く取り上げ、公正な採用選考の基本的な考え方と、その原点である同和問題と人権尊重のこころを学びます。

今後の予定

都合により内容を変更することがあります。

【定期上映会】11月21日(水)

『モモマルくんと考えよう! ~差別における7 つの立場って?~』

『あした 咲く』

『部落の心を伝えたいシリーズ第31 巻 ありのまま生きる ~坂田愛梨・瑠梨』