イベント詳細

4月の定期上映会、パネル展示のご案内

4月の定期上映会

4月17日(水) 14:00~15:40(開場13:30) 
人権ライブラリー 多目的スペース 入場無料、申込不要、当日先着順

上映作品

「障害のある人と人権 誰もが住みよい社会をつくるために」
(概説・33分)

<企画> 法務省人権擁護局、(公財)人権教育啓発推進センター <制作> 東映(株)
◇内容◇
 障害のある人もない人も、誰もが住みよい社会をつくるためにはどうしたらよいのでしょうか?この作品では、障害のある人が直面する人権問題や心のバリアフリーの実現に向けた取組などを紹介し、「障害のある人と人権」について考えていきます。

「国及び地方公共団体の責務とは ~らい予防法と無らい県運動~」
(概説・52分)

<企画>(社福)恩賜財団済生会支部大阪府済生会ハンセン病回復者支援センター
<製作・著作>(社福)ふれあい福祉協会
◇内容◇
「らい予防法」のもとで、戦前・戦後と続いた「無らい県運動」。ハンセン病隔離政策で地方公共団体が果たしてきた役割と責任について明らかにし、残された行政資料とハンセン病回復者と家族の証言から、国及び地方公共団体が取り組むべき課題について考えます。

4月のパネル展示

人権啓発ポスター新聞広告展 ~平成30年度人権啓発資料法務大臣表彰より~
 東日本地域

4月22日(月)まで
人権ライブラリー 展示スペース 9:00~17:00 入場無料・土日祝休館

今後の予定

都合により内容を変更することがあります。

【定期上映会】5月15日(水)

『ケースで学ぶ 上司のハラスメント 2 グレーゾーン対応のポイント』