沿革

人権ライブラリーでは、人権に関するさまざまな資料を幅広く収集・整理して、皆様に閲覧や貸出を行っています。このライブラリーは、次のような経緯により設置されました。
人権教育・啓発のあり方や人権侵害の被害者救済のあり方などについて検討するため設置された人権擁護推進審議会は、1999(平成11)年7月、「人権尊重の理念に関する国民相互の理解を深めるための教育及び啓発に関する施策の総合的な推進に関する基本的事項について(答申)」を提出しました。この答申においては、人権教育・啓発の総合的かつ効果的な推進のための施策として(公財)人権教育啓発推進センターの充実を掲げ、その中で、人権に関する書籍、図画、ビデオ等を豊富に備えた人権ライブラリーを設置するなどして、広く人権に関する情報を提供することが求められています。これを受け、2000(平成12)年度の法務省委託事業により、同年12月、(公財)人権教育啓発推進センター内に「人権ライブラリー」を設置しました。