メニュー

「人権を学ぼう」コーナー

これから「人権」を学びたい人のために日本の主な人権課題をご紹介します。

インターネットによる人権侵害

インターネット上において、個人に対する誹謗中傷、名誉やプライバシーの侵害などの人権問題が起きています。インターネットを正しく使用し、人権侵害をなくすことが必要です。

インターネットの普及に伴い、その匿名性、情報発信の容易さから、個人に対する誹謗中傷、名誉やプライバシーの侵害、差別を助長する表現の掲載など、人権に関わる様々な問題が発生しています。このような書き込みは人を傷つけるものであり、書き込みをした人が罪に問われることもあります。そのため、一般のインターネット利用者等に対して、人権に関する正しい理解を深めるための啓発活動を推進していくことが必要です。
また、小学生・中学生等の青少年のインターネットの利用が年々増加している一方、SNS等を利用した誹謗中傷や違法ダウンロードなど、子どもが加害者や被害者になり、トラブルに巻き込まれる事案も発生しています。

〔おすすめ冊子〕

anatahadaijyoubu.jpg

〔おすすめ貸出しDVD〕

「インターネットと人権 ~加害者にも被害者にもならないために~」
「SNSから考える新社会人の責任 あなたの行動がトラブルを生む!」
「子どもを守る!SNSの安全な使い方」

〔おすすめ貸出し図書〕

「サイト別ネット中傷・炎上対応マニュアル」清水陽平
「インターネットと人権侵害」佐藤佳弘

〔おすすめ啓発動画〕

人権啓発ビデオ 「インターネットと人権 ~加害者にも被害者にもならないために~」(1/4)【オープニング】(字幕あり)
人権啓発ビデオ 「インターネットと人権 ~加害者にも被害者にもならないために~」(2/4)【ドラマ 下着姿の画像を送信してしまった事例】(字幕あり)
人権啓発ビデオ 「インターネットと人権 ~加害者にも被害者にもならないために~」(3/4)【ドラマ 無断で個人情報をインターネット上に公開してしまった事例】(字幕あり)
人権啓発ビデオ 「インターネットと人権 ~加害者にも被害者にもならないために~」(4/4)【ドラマ インターネットの危険性】(字幕あり)
インターネットの向こう側

〔関連資料〕

平成30年度人権啓発指導者養成研修会 採録コラム 福岡会場 講義8 平成30年11月8日(木) [「インターネットを悪用した人権侵害」]

平成26年度人権啓発指導者養成研修会 採録コラム 京都会場 講義3 平成26年11月11日(火) [「インターネットと青少年の人権」]