メニュー

「人権を学ぼう」コーナー

これから「人権」を学びたい人のために日本の主な人権課題をご紹介します。

北朝鮮当局によって拉致された被害者等

北朝鮮当局による日本人拉致は、我が国に対する主権侵害であるとともに、 重大な人権侵害です。

平成18年6月、北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的とする「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害 問題への対処に関する法律」が施行されました。この法律では、国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに、毎年12月10日から16日までの1週間を「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」 とすることとされました。
拉致問題は、我が国の喫緊の国民的問題であり、これを始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

〔おすすめ貸出しDVD〕

「めぐみ ―引き裂かれた家族の30年―」
「北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ めぐみ」
「拉致 ~許されざる行為~ 北朝鮮による日本人拉致の悲劇 【2008年改訂版】」

〔おすすめ貸出し図書〕

「めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる」横田早紀江
「めぐみ 前編・後編 北朝鮮拉致事件ドキュメンタリー」横田滋、横田早紀江 原作・監修/本そういち 作画

〔おすすめ啓発動画〕

北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」